背中のボディクリームの塗り方

MENU

背中にボディクリームをぬる塗り方を紹介

背中にボディクリームをぬる塗り方を紹介

背中にボディクリームって自分ではなかなか塗るのが難しいですよね。
身体が柔らかい人は手を背中に回して塗ることもできますが、なかなか厳しい。
人に頼むのが一番確実だけど、背中ケアの為に自分できれいにしたいと思うことも多いと思います。

 

ここでは、自分で背中にクリームを塗る塗り方や塗るためのの道具を紹介していきます。

 

 

 

背中にボディクリームを塗る方法

背中にボディクリームを塗る方法はいくつかあります。
基本的には道具を使って塗る塗り方です。

 

  1. ラップをつかう
  2. セヌールを使う
  3. ゴムベラを使う

 

おすすめはこの3種類でしょうか。

 

ラップを使う

ラップを使う

ラップを使うことでも背中にクリームを塗ることができます。
大きめのラップにあらかじめクリームを塗り伸ばしておきます。
そのままラップを床に置き寝転ぶ方法です。

 

慣れるまでは少し難易度が高いですが、慣れると意外にきれいに塗ることができます。

 

セヌールを使う

セヌールを使う

この方法が一番オススメです。
セヌールは背中にクリームを塗るための孫の手のようなものです。

 

先端がスポンジになっており、必要な部分に簡単にクリームを塗ることができます。
薬局やドラッグストアなどでも販売されていますが、アマゾンや楽天などでも購入することができます。

 

販売価格は300円~400円程度です。

 

セヌールには1と2があり、2の方が新しく強度も高いし、傾斜が付いているので使いやすいです。

 

使用後は水やぬるま湯でスポンジ部分を洗ってください。
衛生的に使うためには2,3ヶ月で交換するほうが良いです。

 

>>アマゾンでセヌール2を見るにはコチラ
>>楽天でセヌール2を見るにはコチラ

 

 

ゴムベラを使う

ゴムベラを使う

キッチン用のゴムベラをつかうのもオススメです。
100円均一などでも購入できるので手軽にできるのがうれしいですね。

 

ヘラの部分にクリームをつけて延ばして使うのが基本的な使い方です。
ヘラの部分にコットンを巻き付けて使うなど、アレンジをしている方もいらっしゃいます。

 

他にも、今回は紹介をしませんでしたが、コットンパッティングスティックや、軟こうぬりちゃんなど、背中にクリームを塗るためのアイテムがたくさん販売されています。
特にアマゾンが豊富に取り扱いがあるので気になる方は検索してみてくださいね。